愛知用水土地改良区の最も重要な仕事は、受益農地へ愛知用水の水を配る(配水)ことです。受益農地の面積は約13,584ha(このうち水田:8,536ha、畑:4,113ha、樹園地:935ha)。管理している支線水路の延長は、約994kmあります。高台の受益農地へは、揚水機場で水をくみ上げ、配水しています。
 水路の分水工では、受益農地によりスムーズに、より公平に配水できるよう分水ゲートや制水弁の操作を行っています。また、水路の補修工事や揚水機場の運転・点検なども行っています。
 また、愛知用水を利用しやすくしたり、農作業をしやすくするため土地改良事業を行っています。
 毎日水を流す水路、ポンプ場の日常点検も大切な仕事です。
 また、以前は開水路だった支線水路も、二期事業等でパイプライン化されています。このような用地の維持管理も愛知用水土地改良区職員の大切な仕事です。


 水路のパイプ化により、有効利用できる場所は、緑道や家庭菜園等に利用されています。