愛知用水の工事は、1957年(昭和32年)に始まり1961年(昭和36年)に完成しました。アメリカから大量の大型機械を導入し、わずか5年の歳月で、水源の牧尾ダムと兼山取水口から知多半島先端の南知多町まで水路をつくりました。また、この費用は、当時のお金で422億円かかり、世界銀行から借り入れるなどしました。
 右上写真は、上野サイホン工事状況。(東海市)
 上写真は長草支線の工事状況。支線水路以下工事では、資材の運搬にトロッコも使われました。(大府市)
 愛知用水が出来るまでは、写真の”はねつるべ”などにより田に水を入れていました。(常滑市内)
 1反(10a)の田に深さ10cmの水を溜めるのに、桶1杯が20gとすると、5,000杯も必要となります。
 三好池ダムは、愛知用水事業で最も早く完成した施設です。ここでもアメリカからの大型機械が活躍しました。
 写真は、牧尾ダム工事状況
 写真下は、幹線水路工事状況