田畑が狭かったり、道路や排水路が整備していない農地は大変な労力が必要になるため、この農地を整備し、道路や排水路を造り、農作業が合理的に行えるための工事(ほ場整備)を行っています。愛知用水土地改良区では、愛知用水が通水した当初から用水をより効果的に利用できるよう土地改良事業を実施してきました。
 下表は、土地改良事業実績を事業種別にまとめたものであり、総事業費は、約211億円に達します。

事   業   名 地区数 事  業  量 付   記
区画整理(ha) 水路農道(m)
 耕地整備・関連非補助事業
 (ほ場整備・道水路)
82 641.5 891,768.5 公団資金等
農林公庫資金
 団体営土地改良事業
 (ほ場整備・道水路)
12 676.3 32,654.5 国庫・県費補助金
 団体営土地改良事業
 (かんがい排水)
4
13,414.0
 団体営土地改良事業
 (農道整備)
3
3,835.3
 団体営土地改良事業
 (土地改良総合整備)
3
24,593.0
 団体営土地改良事業
 (農村総合整備モデル)
3 44.5 79.5
 団体営土地改良事業
 (農用地等集団化)
23 換地処分
促進等

 農業構造改善事業
 (ほ場整備・道水路)
11 362.0 30,604.5
 単独土地改良事業
 (かんがい排水・農道)
102
65,102.7 県費補助金
 小規模かんがい排水事業
 (愛知用水関連整備)
74
38,954.7
 非補助(融資)事業
 (ほ場整備・用排水路)
289 2,741.9 167,263.9 農林公庫資金
 非補助(非融資)事業
 (ほ場整備・道水路)
195 385.4 96,613.9 賦課金
801 4,851.6 1,364,884.5
(昭和34年〜平成20年)
※下表は、支線関連整備事業及び災害復旧事業の記載を除く